榎本義法(えのもとよしのり)公式WEBサイト

201303261922493465.jpg
榎本 義法
えのもとよしのり
〒370-2343
群馬県富岡市七日市947
TEL/FAX:0274-63-4923
------------------------------
 

ブログ

 

えのもとよしのりオフィシャルブログ

えのもとよしのりオフィシャルブログ
フォーム
 
本日は4回
2019-05-11
昨日は、市長と部局別意見交換会を4回。
午前中1回、午後3回。
さすがに30分から35分ぐらいしゃべり続けるのを4回こなすとエネルギーを使う。
学校の先生が毎時間授業で話し続けていることを改めて考えると尊敬する。
部局別意見交換会は、行政に対する考えや地方分権、私の想いを語っている。
来週3部局と行って終了。
 
意見交換会終わって、打ち合わせ数件。
 
夜は、富岡市小中学校PTA連合会定期代議員会と懇親会。
九州の知人を知っている人がいたり、意外なつながりがある人と数名懇談した。
なかなか縁とは面白いものだ。
 
部局別意見交換会
2019-05-09
午前中は打ち合わせの後、富岡市遺族会第65回定期総会にて挨拶。
 
庁舎に戻って面会。
 
お昼は時間が定まらなかったので、今日は役所近くの東苑さんで味噌ラーメン。
 
午後は富岡甘楽甘楽保護司会総会にて挨拶。
 
荒木桐生市長が就任のあいさつに来庁。
 
今日から部局別意見交換会で企画財務部。
私の予定時間は20分だったのですが、倍近く時間を使ってしまった。
想いが伝わってればいいのだが。
 
明日からは時間超過できないスケジュールになっているので、短縮できるように調整する。
できるだろうか?(笑)
 
昨年までは、一方的に事業説明会ということで、担当者から説明を受けるだけの時間だったので、今年から変更してもらった。
明日からも頑張って想いを伝えていきたい。
 
夜は、とある部門の懇親会と歓送迎会の予定。
今晩もレッドライトアップ見られるだろうか?
 
 
 
 
5年前のブログ
2019-05-09
昨日は、グランドゴルフ春季大会であいさつ。
大変日差しが強く、おでこは日焼けしてしまったと思います。(笑)
 
面会や打ち合わせの一日。
最後は、政策会議。
 
夜は特別職・部課長会の歓迎会。
新たに課長になられた皆さんが紹介されました。
広域圏や衛生施設組合、医療企業団の皆さんも一緒です。
そこでのあいさつは5年前のブログの話をしました。
5年たってもほとんどその想いは変わっていません。
以下転載しておきます。
 
終って製糸場へ。
日本赤十字のレッドライトアッププロジェクトに協力しています。
今晩までですので、ぜひお出かけ下さい。
煙突の赤は本当にきれいです。
スマホではその美しさが伝わりません。
生でどうぞ。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
交流人口の重要性(5年前のブログから)
 
イコモスの勧告以来富岡製糸場の見学者は莫大に増えている。
ゴールンウイークとも重なり前年比183.5%増となった。
おそらく6月の正式決定以降もしばらくは高水準で推移が予想される。
しかし、それがいつまで続くか?ということである。
私は回遊型の観光都市の整備を訴えた。
とにかく一度来たひとがもう一度来たいと思えるまちの整備を行わなければならない。
歩いて楽しめる景観、安らぎを与えてくれる街並みに歩道、そして食と土産と文化と歴史。これが回遊することによって楽しめるまちを早急に作り上げることである。
ハード面だけではなくソフト面の充実もっと重要。
今「おもてなし」を掲げて市内各所で意識醸成を行っているが、市民一人ひとりに徹底できるかどうか?これはポイント。
私が市内を巡って「あんなもん」と富岡製糸場のことを疑問視する方も少なからずあったのも事実。こうした点は改善が必要だと思う。小さなころからの郷土に関する教育は本当に大切である。
話は脱線するが国民投票法の投票権が18歳からということになり、賛否両論新聞記事にもなっていたが、政治教育を中学・高校で行わなければ何も変わらないというのが私の感想である。
もちろん成人になってからも大切であるが、成人になってから誰がやるのか?と言う問題に直面するのである。親?雇用主?行政?
話を観光に戻すが、交流人口の重要性と効果について昨日の日本創世会議の提言書に掲載されているので、引用させていただく。
定住人口一人当たりの年間消費額は、外国人旅行者11人分、国内旅行者(宿泊)26人分、国内旅行者(日帰り)81人分にあたるのである。
これが定住人口の増えない分を交流人口で補い地域の活性化そして経済発展に結びつけていくかのポイントである。
また、観光と定住環境の両立も課題である。
これはある程度すみわけが必要になってくる部分もあるが、これからはコンパクトなまちを目指すべきであろう。必要な施設や住まいと観光の両立を考えながらまちづくりを行っていくべきである。
 

今日の一言(過去、660日間の一言です)

今日の一言(過去、660日間の一言です)
フォーム
 
立志
2014-01-01
今日の一言(660)
『立志
十有三春秋 逝者已如水 天地無始終 人生有生死 安得類古人 列千載青史』(頼山陽)
頼山陽が13歳の元旦によんだ詩
ああ、いつの間にやら、もう十三になってしまった。
ウカウカしてはいられない。時は流水のように流れ去ってゆく。
この宇宙には始めもなく終わりもないが、人間の一生は実に短いものである。
ところがその短い人間の一生において どうしたら、昔の偉い人たちと肩を並べて、
歴史にその名の残るような人間になれるであろうか。
(『新緝 森信三全集(一)幻の講話【名児耶承道】)...

みなさんのそれぞれの元旦に・・・。
そして、本日を持ちまして「今日の一言」を卒業します。
今日まで続けてこられたのも皆様のおかげ、卒業を決意することができたのも皆様のおかげです。本当に感謝いたします。
フェイスブックでの「いいね!」ありがとうございました。
フェイスブックは「いいね!」の数を気にしないことが永く付き合えるコツかと思います。

習慣が道徳を基礎づけると思います。
私もこの660日で少しは進歩しましたでしょうか。(笑)
今後ともご指導よろしくお願いいたします。
一度でも皆さんの心に響く言葉が届ける事ができたならそれで目的達成です。
今日まで読んでいただいた方に心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。

誠に勝手でありますが、本年は年賀状は発送いたしませんのでご容赦をお願いいたします。
 
戦略とは・・・
2013-12-31

平成25年12月31日(火) 今日の一言(659)

『童話「うさぎとかめ」は、器用なウサギが油断して途中で昼寝してくれたおかげで、不器用なカメが追い抜いて勝ったことになっている。それも一つの教訓ではあるが、最初からカメは泳ぎで勝負に挑んでもよかった。戦略とは、「自分が勝てると確信を持てる土俵で、確実に勝つこと」なのだ。』(『1日に10冊の本を読み3日で一冊の本を書く ボクのインプット&アウトプット法』千田琢哉)

確実に・・・。

 
人脈の二通り
2013-12-30

平成25年12月30日(月) 今日の一言(658)

『人脈には二通りある。本を読む人脈と、本を読まない人脈だ。(中略)本を読む人脈は、年齢とともに謙虚になって富んでいく。本を読んで勉強すればするほど、自分の無知に気づかされ努力するからだ。本を読まない人脈は、年齢ととともに傲慢になって貧しくなっていく。本を読んで勉強していないから、自分の経験だけが唯一の拠り所になっており、視野の狭い頑固者で人に嫌われるからだ。』 (『1日に10冊の本を読み3日で一冊の本を書く ボクのインプット&アウトプット法』千田琢哉)

もちろん経験も大切でしょう。しかし・・・ですよね。

<<榎本 義法>> 〒370-2343 群馬県富岡市七日市947 TEL:0274-63-4923 FAX:0274-63-4923