榎本義法(えのもとよしのり)公式WEBサイト

201303261922493465.jpg
榎本 義法
えのもとよしのり
〒370-2343
群馬県富岡市七日市947
TEL/FAX:0274-63-4923
------------------------------
 

ブログ

 

著書「他力による自己革新」販売

著書「他力による自己革新」販売
 
他力による自己革新
 
全国の書店で取扱中
 
地元書店で販売中
富岡市:木田書店様、山田書店様
下仁田町:妙義書房様
 
ヤフーショッピングで取扱開始
楽天ブックスで取扱開始
アマゾンで取扱開始
 

えのもとよしのりオフィシャルブログ

えのもとよしのりオフィシャルブログ
フォーム
 
献花
2018-08-16
昨日は、群馬県戦没者追悼式にて献花。
富岡市の遺族会代表の方4名も献花。
この平和を守ることと、戦没者が守ろうとした誇り高い国を築いていかなければなりませんね。
 
県庁へ移動して、県防災ヘリ墜落事故犠牲者追悼の献花を。
防災訓練の際にこの防災ヘリが点検整備中だったので搭乗せず、別の赤十字のヘリに搭乗いたしました。
これまで県民のために活躍いただいたご労苦に感謝するとともにご冥福をお祈りいたします。
 
酒中趣
2018-08-15
 
岡谷市に出かける前に職員から岡谷の人はお酒が強い。特に日本酒という話を伺っていた。
いささか酒の弱い小生には、任が重いと思いつつ岡谷に向かった。

 
岡谷市の姉妹都市は、富岡市と玉野市と東伊豆町。
何と玉野と東伊豆町の首長さんはお酒が全く飲めないとのこと。
その後の展開は想像にお任せする。
 
過日、紹介した抱樽酒話に「酒中趣」の序がある。
その出だしはこうだ。
『むかし、もろこしの晋の代に、孟嘉とて酒好きの男がいた。「君は、どうして酒を好むのか」と長官に問われて、「酒中の趣は、閣下にはまだお分かりにならないのですよ」と答えて、教えなかった。唐の李白は月下に独酌して、「但だ酒中ノ趣ヲ得ンノミ、醒者ノ為に伝フルナカラン」と詠じて、多くを語らなかった。箇中の趣は、但だ自得すべきで、著書して刊行するなどもっての外の事である。」
 
何と趣深い文章であろうか?(笑)
 
楽しく飲めるのが一番ですね。
 
今朝は、約50分のウオーキングからスタート。
今日も元気に頑張ってまいります。
 
岡谷蚕糸博物館
2018-08-14
本日は、岡谷蚕糸博物館を視察いたしました。

富岡市から派遣されている職員に館内の解説を受けたのち、館長さんをはじめ担当者の方々と市の都市建設部の職員と意見交換。

富岡倉庫関連の今後の取組についてさまざまな意見をいただきました。
専門家の貴重なアドバイスです。
歴史的な価値を活かしながら計画を進めたいと思います。

市の担当者と一緒に話を伺ったということは、とても大事なことだと思う。
直接聞くのと間接的に聞くのとは結果に大きな違いがあるかもしれない。
 

今月の本棚(読後感はブログに)

今月の本棚(読後感はブログに)
フォーム
 
2015年12月の書棚
2016-01-04
 
今月から自書の出版に向けて原稿加筆時間に追われるためインプットは少なくなりそうです。
 
①指名される技術 堀江貴文・斎藤由多加
②当確師 真山仁
③翔ぶが如く(五)司馬遼太郎
④翔ぶが如く(六)司馬遼太郎
 
 
2015年11月の書棚
2015-12-01
テロの影響もあっての今月の選択。

知らないことが多いことを実感している次第で、松岡正剛さんの『無知から未知へ、それが読書の醍醐味です。』を銘記しています。

 

①『クアトロ・ラガッツィ(上)』天正少年使節と世界帝国 若桑みどり

②『クアトロ・ラガッツィ(下)』 若桑みどり

③『地方消滅の罠』 山下祐介

④『加賀屋 笑顔で気働き』小田真弓

⑤『まんが パレスチナ問題』山井教雄(再読)

⑥『続 まんがパレスチナ問題 「アラブの春」と「イスラム国」』 山井教雄

⑦『イスラーム 生と死と聖戦』中田孝

⑧『エコノミックガーデニング』山本尚史

⑨『チェ-ザレ・ボルジアあるいは優雅な冷酷』塩野七生

 
2015年10月の本棚
2015-11-01
①『財務省と政治』 清水真人

②『MIAの原点 ムーチョ・小野正孝の発想』 今井清二郎

③『漂泊と定住と』 鶴見和子

④『本を読む人だけが手にするもの』 藤原和博

⑤『大局観』 出口治明

⑥『ソーシャル・キャピタルと格差社会 幸福の計量社会学』 辻竜平/佐藤嘉倫[]

⑦『読書について』 ショーペンハウアー

⑧『何でも見てやろう』 小田実

⑨『ジェフ・ベゾス果てなき野望』 ブラッド・ストーン

⑩『大村智 2億人を病魔から守った科学者』 馬場錬成

⑪『それをお金で買いますか 市場主義の限界』 マイケル・サンデル

⑫『奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を可能に覆した農家 』 石川拓治

 
2015年9月の書棚
2015-10-02
①『反骨の市町村 国にたよるからバカを見る』 相川俊
②『タテ社会の人間関係』中根千枝
③『文明の衝突と21世紀の日本』サミュエル・ハンチン
トン
④『結果を出せる人になる!「すぐやる脳」の作り方』 
茂木健一郎
⑤『政治家田中角栄』 早坂茂三
⑥『「ドイツ帝国」が世界を破滅させる 日本人への警告
』 エマニュエルドット
⑦『覚悟の力』 宮本祖豊
 
2015年8月の書棚
2015-09-01
①『ルポ保育崩壊』小林美希

②『稼げる観光』 鈴木俊博

③『離島発 生き残るための10の戦略』山内道雄

④『地方消滅と東京老化』 増田寛也・河合雅司

⑤『ローマ法王に米を食べさせた男』高野誠鮮

⑥『薄っぺらいのに自信満々な人』 榎本博明

⑦『政治の急所』 飯島勲

⑧『地域再生の戦略』 宇都宮浄人

⑨『NASAより宇宙に近い町工場』 植松努

 
2015年7月の書棚
2015-08-02
①『新・観光立国論』寺島実郎

②『大不況には本を読む』 橋本 治

③『政治の眼力』 永田町「快人・怪人」列伝 御厨貴

④『近代日本の政治家』岡義武

⑤『馬場恒吾の面目』 御厨貴

⑥『消えない都市』の条件 吉田正博

⑦『戦後日本の宰相たち』 渡辺昭夫編

 
2015年6月の書棚
2015-07-01
①『ギルガメッシュ叙事詩』 矢嶋文夫訳

②『多数決を疑う』 坂井豊貴

③『片山善博の自治体自立塾』 片山善博

④『福井モデル 未来は地方から始まる』 藤吉雅春

⑤『一〇三歳になってわかったこと』 篠田桃紅

⑥『なぜ日本は改革を実行できないのか』政官の経営力を問う 川本明

⑦『生き心地の良い町』 岡 檀  ※写真なし

⑧『読んだら忘れない読書術』 樺沢紫苑

⑨『ボローニャ紀行』 井上ひさし

⑩『新・観光立国論』 デービット・アトキンソン

⑪『「学力」の経済学』 中室牧子

まんが 加治隆介の議①~⑩巻

 
2015年5月の書棚
2015-06-02
あれ?2冊画像にない。(笑)
先日、大学の後輩に「掲載の本だいたい読んでいます」と言われた。今月はどうかな?
人はなぜ本を読むのでしょうか?
①『本の「使い方」』 出口治明 
②『国家と官僚』 原英史
③『預言者』 カリール・ジブラン
④『向上心』サミュエル・スマイルズ
⑤『橋をかける』 美智子
⑥『ジギルとハイド』 ロバート・L・スティーヴンソン
⑦『5年後あなたはどこにいるのだろう?』 ダン・ゼドラ
⑧『正義の領分』 マイケル・ウォルツアー
⑨『稼ぐがまちが地方を変える』 木下斉
⑩『ココ・シャネル 凛として生きる言葉』 高野てるみ
⑪『道しるべ』 ダグ・ハマーショルド
 
2015年4月の書棚
2015-05-02
①『政治とは何か』 後藤田正晴
②『群集心理』 ギュスターヴ・ル・ボン
③『資本主義の克服「共有論」で社会を変える』 金子勝
④『人口減少時代の地方創生論』 佐々木信夫
⑤『東大医学部生だけが知る超・知的生産法』 岩波邦明
⑥『なぜ一流の男の腹は出ていないのか?』 小林一行
⑦『昭和史 (上)』 中村 隆英
⑧『昭和史(下)』 中村 隆英
ダイエット本もありますがご容赦ください。(笑)
 
2015年3月の書棚
2015-04-02
①「消費税増税の真実」 藤井裕久
② 読書は「アウトプット」が99% 藤井孝一
③「茜色の空」 哲人政治家・大平正芳の生涯 辻井喬
④「天才たちの日課」 メイソン・カリー
⑤「 たった一人の熱狂」 見城徹
⑥「昭和の三傑」 憲法九条は「救国のトリック」だった。 堤 堯
⑥「総理の器量」 橋本五郎
⑦「昭和史」を歩きながら考える (半藤一利)
⑧「私を通りすぎた政治家たち」佐々淳行
⑨「東京劣化」松谷明彦
⑩まんが クラウゼヴィッツ作の戦争論
3
 

今日の一言(過去、660日間の一言です)

今日の一言(過去、660日間の一言です)
フォーム
 
立志
2014-01-01
今日の一言(660)
『立志
十有三春秋 逝者已如水 天地無始終 人生有生死 安得類古人 列千載青史』(頼山陽)
頼山陽が13歳の元旦によんだ詩
ああ、いつの間にやら、もう十三になってしまった。
ウカウカしてはいられない。時は流水のように流れ去ってゆく。
この宇宙には始めもなく終わりもないが、人間の一生は実に短いものである。
ところがその短い人間の一生において どうしたら、昔の偉い人たちと肩を並べて、
歴史にその名の残るような人間になれるであろうか。
(『新緝 森信三全集(一)幻の講話【名児耶承道】)...

みなさんのそれぞれの元旦に・・・。
そして、本日を持ちまして「今日の一言」を卒業します。
今日まで続けてこられたのも皆様のおかげ、卒業を決意することができたのも皆様のおかげです。本当に感謝いたします。
フェイスブックでの「いいね!」ありがとうございました。
フェイスブックは「いいね!」の数を気にしないことが永く付き合えるコツかと思います。

習慣が道徳を基礎づけると思います。
私もこの660日で少しは進歩しましたでしょうか。(笑)
今後ともご指導よろしくお願いいたします。
一度でも皆さんの心に響く言葉が届ける事ができたならそれで目的達成です。
今日まで読んでいただいた方に心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。

誠に勝手でありますが、本年は年賀状は発送いたしませんのでご容赦をお願いいたします。
 
戦略とは・・・
2013-12-31

平成25年12月31日(火) 今日の一言(659)

『童話「うさぎとかめ」は、器用なウサギが油断して途中で昼寝してくれたおかげで、不器用なカメが追い抜いて勝ったことになっている。それも一つの教訓ではあるが、最初からカメは泳ぎで勝負に挑んでもよかった。戦略とは、「自分が勝てると確信を持てる土俵で、確実に勝つこと」なのだ。』(『1日に10冊の本を読み3日で一冊の本を書く ボクのインプット&アウトプット法』千田琢哉)

確実に・・・。

 
人脈の二通り
2013-12-30

平成25年12月30日(月) 今日の一言(658)

『人脈には二通りある。本を読む人脈と、本を読まない人脈だ。(中略)本を読む人脈は、年齢とともに謙虚になって富んでいく。本を読んで勉強すればするほど、自分の無知に気づかされ努力するからだ。本を読まない人脈は、年齢ととともに傲慢になって貧しくなっていく。本を読んで勉強していないから、自分の経験だけが唯一の拠り所になっており、視野の狭い頑固者で人に嫌われるからだ。』 (『1日に10冊の本を読み3日で一冊の本を書く ボクのインプット&アウトプット法』千田琢哉)

もちろん経験も大切でしょう。しかし・・・ですよね。

 

今日の一言アーカイブ版

今日の一言アーカイブ版
 
「今日の一言」初回から。時間のある時にどうぞ。言葉との良き出会いを。
 

ご意見をお寄せください!

ご意見をお寄せください!
 
<<榎本 義法>> 〒370-2343 群馬県富岡市七日市947 TEL:0274-63-4923 FAX:0274-63-4923