榎本義法(えのもとよしのり)公式WEBサイト

201303261922493465.jpg
榎本 義法
えのもとよしのり
〒370-2343
群馬県富岡市七日市947
TEL/FAX:0274-63-4923
------------------------------
 

ブログ

 

えのもとよしのりオフィシャルブログ

えのもとよしのりオフィシャルブログ
フォーム
 
面会打ち合わせが続く
2019-07-03
昨日は、富岡土木事務所との災害時の対応について打ち合わせ。
 
その後、庁内で打ち合わせが続く。
重たい案件、皆さんの意見を聞いて今後の対応を確認。
 
午後は、富岡地域医療事務組合職員労働組合の執行部の皆さんと意見交換。
 
総合戦略会議検証委員会、児童館運営委員会委嘱状交付式。
 
終って職員との意見交換。
 
夜は富岡ではじめてのお店へ。
雰囲気も料理も良かったので、また行きたい。
まだ、富岡の全てを知らない。(笑)
 
ホストタウンの追記
2019-07-01
ホストタウンについて、過日の議員全員協議会でなぜ14次登録にエントリーなの?もっと早くエントリ-できなかったの?みたいな質問がありました。(先日のブログであとで書くと言ったことです)
担当課長が、榎本市長に代わってから・・・と、答弁をしてくれました。
私にとっては、議員さんが最高の質問をしてくれたと思っています。
 
市長になる前に某学会のスポーツと観光振興を進めるフォーラムに参加しました。
ほとんど行政関係者と大学の教授が参加者でした。
民間で参加していた人は少なかったと思います。
その際に、ホストタウンの大会事後交流がエントリー要件にあることを知りました。
そのとき市長になったら必ずエントリーしようと思いました。
 
市長になって、事後交流がエントリー要件になることを知っている職員の方は殆どいなかったと思います。
そこから、対象国の選定や交渉を重ねて約一年かかりました。
外交交渉というのがいかに難しいか、それが分かった一年だったと思います。
でもこれからが本番で、どのような内容にして富岡市民の皆様にこのイベントを身近に感じてもらえるかが重要です。
しっかり準備していきたいと思います。
2カ国という成果は大きいと思います。
 
今朝は、社会を明るくする運動の広報パレードの出発式で挨拶。
 
また職員面談を数日前から再開しました。
明らかに今、職場の雰囲気は変わったと。
保身から変化して、まちがいなく多くの人がやる気に満ち溢れていると。
こうした人が増えることを願っています。
 
読書をする人も増えたのではないでしょうか。
少しずつですが変化をもたらせてくれていると思います。
まだまだ頑張ります。
 
慶祝訪問に藤岡の施設へ。
庁舎に戻って面会。
 
夕方は、新規就職者を励ます会で挨拶。
他力による自己革新と、縁尋機妙 多逢勝因の話をしました。
 
夜の日程がなかったので、ウォーキングへ。
いい汗をかくちょうどいい気候でした。
 
友を激励に
2019-06-30

友人を激励に行ってきた。

彼は、俺の10年後の生き様を見とけと10年前に言った。

 

その彼は、私が日本JCの副会頭を務めたときの会頭。

日本JCの役職は、引き上げてくれる人、下から押してくれる人・支えてくれる人があって勤まる役職。

彼の引き上げがなかったら今の自分はないと思う。

感謝しかない。

 

2009年私が勤めて以降、群馬県からもいないし、富岡のような小さなJCから引き上げられることは皆無だ。

2007年に彼と一緒に会務常任理事を務めた縁があったからなのだ。

 

前回の沖縄知事選挙は出馬を断念したが、この度の参議院選挙に自民党の公認で出馬する。

ご承知のように沖縄は、保守王国の群馬とは違う。

劣勢からのスタートをする決断をした彼を尊敬する。

 

私の選挙も現職が強い中よく決断したと言われたが、彼の決断は比ではない。

沖縄の選挙は特殊だ。

離島にも事務所を構え、車もそれぞれ走らせる。

事前運動も本土の比ではない。

はっきり言って公職選挙法の適用がゆるい。

特殊な地域であることは間違いない。

 

少しだけ話す時間があった。

あいかわらずの自信をもっていたが、10年前とは違っていたと思う。

全体的にやさしくなっていたと思う。

 

事務所の人と話した。

今日は、いつもと違って嬉しそうでしたよ。

市長に来てもらったことは本人は大変喜んでいると思います。

選挙って候補者本人は孤独じゃないですか?

市長も経験されているからわかると思いますがと言われた。

 

喜んでもらえたなら行ったかいはあったと思う。

あと少し頑張ってもらいたい。

 

ブログの読者の方から、田中角栄の本はもう読了ですか?とメールが届いた。

田中角栄なら立花隆の本をという事だった。

早速アマゾンで古本を注文。

送料のほうが高い。

でもいい。日本の物流は世界に誇れる産業だと思う。

 

今日の一言(過去、660日間の一言です)

今日の一言(過去、660日間の一言です)
フォーム
 
立志
2014-01-01
今日の一言(660)
『立志
十有三春秋 逝者已如水 天地無始終 人生有生死 安得類古人 列千載青史』(頼山陽)
頼山陽が13歳の元旦によんだ詩
ああ、いつの間にやら、もう十三になってしまった。
ウカウカしてはいられない。時は流水のように流れ去ってゆく。
この宇宙には始めもなく終わりもないが、人間の一生は実に短いものである。
ところがその短い人間の一生において どうしたら、昔の偉い人たちと肩を並べて、
歴史にその名の残るような人間になれるであろうか。
(『新緝 森信三全集(一)幻の講話【名児耶承道】)...

みなさんのそれぞれの元旦に・・・。
そして、本日を持ちまして「今日の一言」を卒業します。
今日まで続けてこられたのも皆様のおかげ、卒業を決意することができたのも皆様のおかげです。本当に感謝いたします。
フェイスブックでの「いいね!」ありがとうございました。
フェイスブックは「いいね!」の数を気にしないことが永く付き合えるコツかと思います。

習慣が道徳を基礎づけると思います。
私もこの660日で少しは進歩しましたでしょうか。(笑)
今後ともご指導よろしくお願いいたします。
一度でも皆さんの心に響く言葉が届ける事ができたならそれで目的達成です。
今日まで読んでいただいた方に心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。

誠に勝手でありますが、本年は年賀状は発送いたしませんのでご容赦をお願いいたします。
 
戦略とは・・・
2013-12-31

平成25年12月31日(火) 今日の一言(659)

『童話「うさぎとかめ」は、器用なウサギが油断して途中で昼寝してくれたおかげで、不器用なカメが追い抜いて勝ったことになっている。それも一つの教訓ではあるが、最初からカメは泳ぎで勝負に挑んでもよかった。戦略とは、「自分が勝てると確信を持てる土俵で、確実に勝つこと」なのだ。』(『1日に10冊の本を読み3日で一冊の本を書く ボクのインプット&アウトプット法』千田琢哉)

確実に・・・。

 
人脈の二通り
2013-12-30

平成25年12月30日(月) 今日の一言(658)

『人脈には二通りある。本を読む人脈と、本を読まない人脈だ。(中略)本を読む人脈は、年齢とともに謙虚になって富んでいく。本を読んで勉強すればするほど、自分の無知に気づかされ努力するからだ。本を読まない人脈は、年齢ととともに傲慢になって貧しくなっていく。本を読んで勉強していないから、自分の経験だけが唯一の拠り所になっており、視野の狭い頑固者で人に嫌われるからだ。』 (『1日に10冊の本を読み3日で一冊の本を書く ボクのインプット&アウトプット法』千田琢哉)

もちろん経験も大切でしょう。しかし・・・ですよね。

<<榎本 義法>> 〒370-2343 群馬県富岡市七日市947 TEL:0274-63-4923 FAX:0274-63-4923