榎本義法(えのもとよしのり)公式WEBサイト

201303261922493465.jpg
榎本 義法
えのもとよしのり
〒370-2343
群馬県富岡市七日市947
TEL/FAX:0274-63-4923
------------------------------
 

ブログ

 

著書「他力による自己革新」販売

著書「他力による自己革新」販売
 
他力による自己革新
 
全国の書店で取扱中
 
地元書店で販売中
富岡市:木田書店様、山田書店様
下仁田町:妙義書房様
 
ヤフーショッピングで取扱開始
楽天ブックスで取扱開始
アマゾンで取扱開始
 

えのもとよしのりオフィシャルブログ

えのもとよしのりオフィシャルブログ
フォーム
 
朝読メモ5月28日
2018-05-28
朝読メモ
 
『鷹山は義倉設置提唱者のひとりとして、木村高広の名につよい関心をよせた。
- この者はなにか持っておるぞ!
関心をよせられる人間をいかに多く発見するか、ここに君主の財産形成の基本がある。
-だれかいないか?
こういう視線を維持しているかぎり、興味をひく人材は向こうから無言の名乗りをあげてくる。』

「伝国の辞」
一、国家は先祖より子孫へつたえ候国家にして、我が私すべきものにはこれなく候。
一、人民は国家に属したる人民にして、我が私すべきものにはこれなく候。
一、国家人民のために立てたる君にて、君のために立てたる国家人民にはこれなく候。
 
(『上杉鷹山の指導力』高野澄』
 
総合防災訓練
2018-05-27
今日は富岡市の総合防災訓練でした。
16,000人を超える方に参加いただきました。
 
いつ災害発生するかわかりません。
こうした日々の訓練は必ず、その時に役立ちます。
 
日本赤十字のヘリに乗せていただき、市内の状況把握をさせていただきました。
その後、メーン会場である丹生小学校で各種訓練を見ました。
防災訓練終了後、いったん庁舎に戻りました。
 
昼食後、茶道裏千家淡交会群馬県支部の茶会に出席。
こうした機会が増えるので、茶道を学びたいと思います。
秘書係も一緒に学ぶと言ってくれましたので、今後は恥ずかしくない道具から持参して参加いたします。
 
その後、製糸場にて横須賀市の副市長を出迎え。
近いうちに横須賀への訪問をお約束いたしました。
 
夜は、富岡市文化協会とかのはら・ふれあいネットワークの総会に出席。
今日も多くの皆様にお世話になりました。
ありがとうございます。
 
皆さんが楽しみに待っていてくれることに感謝です。
ありがとうございます。
 
叡王戦
2018-05-26
今日は、初めて作業着を着用しました。
群馬県植樹祭のため、安中榛名駅前のみのりが丘パノラマパークへ。
式典の後、道路の中央分離帯につつじを植えてきました。
 
富岡に戻って、製糸場へ。
将棋の叡王戦の第4局が製糸場の首長館(ブリューナ館)で開催されました。
開始前に、ドワンゴの中継でインタビューを受けました。
その後、会場で棋士の入場から互いの最初の一手まで立ち合いを行いました。
棋士の目の鋭さに、勝負の厳しさを感じました。
貴重な経験をさせていただきました。
 
パブリックビューイングが開催されている、議会棟の会議室に行きましたが、140席が満席。
立ち見の方がいる状態でした。
将棋ファンの方は多いのですね。
座れず帰られる方もおりました。
 
製糸場の利用の可能性を感じた事業でした。
 
その後、富岡製糸場を愛する会の総会、講演会、懇親会に参加。
日頃お会いできない方々ともお話できました。
今日も良き一日となりました。
 

今月の本棚(読後感はブログに)

今月の本棚(読後感はブログに)
フォーム
 
2017年8月の本棚
2017-09-02
①知らざれる日本の地域力 椎川忍 他
②タダより高いものはない 上念司
③死ぬほど読書 丹羽宇一郎
④地方議会を再生する 相川俊英
⑤GRIT やり抜く力 アンジェラ・ダックワース
⑥2025年日本の農業ビジネス 21世紀政策研究所
縮小ニッポンの衝撃 NHKスペシャル班
市長の履歴書 田村秀
 
2017年7月の書棚
2017-08-01
①『偽りの経済政策』 服部茂幸
②『世界一子どもを育てやすい国にしよう』 出口治明・駒崎弘樹
③『未来の年表』河合雅司
④『入門 公共政策学』秋吉貴雄
⑤『超訳 ブッダの言葉』小池龍之介 編訳
⑥『多動力』堀江貴文
⑦『世界一訪れたい日本のつくりかた」デービッド・アトキンソン
 
2017年6月の書棚
2017-07-01
①文系人間のための「AI」論 高橋透
②IoTとは何か 坂村健
③ビッグデータと人工知能 西垣通
④人工知能と経済の未来 井上智洋
⑤限界国家 毛受敏浩
⑥ミッション建国 楡周平
 
2017年5月の書棚
2017-06-01
①『サピエンス全史(上)』ユヴァル・ノア・ハラリ
②『サピエンス全史(下)』ユヴァル・ノア・ハラリ
③『ゲンロン0』 東浩紀
④『データ分析の力 因果関係に迫る思考法』 伊藤公一朗
⑤『崩壊するアメリカ』 横江公美
⑥『日本列島創生論』 石破茂
⑦『地方創生大全』 木下斉
⑧『経済学的思考のセンス』 大竹文雄
 
2017年4月の書棚
2017-05-01
①『すべての教育は「洗脳」である』堀江貴文
②『サボる政治』坂本英二
③『ポピュリズムとは何か』水島治郎
④『細雪(下)』谷崎潤一郎
⑤『どんなピンチも女を謳歌しながら乗り越えた。私、やりたいことは、決してあきらめない!』池端美和
⑥『代議制民主主義』 待鳥聡史
⑦『第4次産業革命!日本経済をこう変える。』竹中平蔵
⑧『人を奮い立たせるリーダーの力』平尾誠二
 
2017年3月の書棚
2017-04-01
①『子育て支援と経済成長』 柴田悠
②『米中もし戦わば』ピーター・ナヴァロ
③『雑談力』 百田尚樹
④『損する結婚 儲かる離婚』藤沢数希
⑤『細雪(中)』 谷崎潤一郎
 
2017年2月の書棚
2017-03-22
①『共生保障』 宮本太郎
②『細雪(上)』 谷崎潤一郎
③『日本エリートはズレている』 道上尚史
 
2017年1月の書棚
2017-02-02
①『新・所得倍増論』デービッド・アトキンソン
②『観光立国の正体』藻谷浩介・山田桂一郎
③『キレイゴトぬきの農業論』久松達央
④『問題は英国ではない、EUなのだ」エマニュエル・トッド
 
2016年12月の書棚
2017-01-03
①『統計学が日本を救う』 西内啓
②『丘の上のバカ』 高橋源一郎
③『国際法で読み解く世界史の真実』倉山満
④『2025年、高齢者が難民になる日』小黒一正編著
⑤『カエルの楽園』百田尚樹
⑥『民主主義の源流』 橋場 弦
⑦『潮騒』 三島由紀夫 【再読】
⑧『新・リーダー論」佐藤優 池上彰
 
2016年11月の書棚
2016-12-01
①『子供の貧困が日本を滅ぼす』日本財団子どもの貧困対策チーム
②『ホスピタリティ・マインド実践入門』石川英夫
③『近未来シミュレーション2050日本復活』クライド・プレストウィッツ
④『マディソン郡の橋』R・Jウォラー【再読】
⑤『ポートランド 世界で一番住みたい街をつくる』山崎満広
1
 

今日の一言(過去、660日間の一言です)

今日の一言(過去、660日間の一言です)
フォーム
 
忘れる
2013-12-14

平成25年12月14日(土) 今日の一言(642)

『忘れっぽい人間には安定感が乏しいかわりに、流れる水のごとく自然で、ものに悪く執着しないよさがある。たいていのことはさっさとあきらめ忘れてしまう。明日には明日の風が吹く。そこには解脱に似たものが認められる。』(『ライフワークの思想』外山滋比古)

都合よく解釈しておきます。

 
盲従
2013-12-13

平成25年12月13日(金)

今日の一言(641)

『子の曰く、衆これを悪(にく)むも必ず察し、衆これを好むも必ず察す。』(『論語』)

先生がいわれた、「大勢が憎むときも必ず調べてみるし、大勢が好むときも必ず調べてみる。〔盲従はしない〕」

必ず自分の目で確かめたり、調べたりすることが大切。新たな発想もここからかもしれませんね。

 
いつくしみ
2013-12-12

平成25年12月12日(木)

今日の一言(640)

『赤ん坊は自分の知識を持ち合わせていない。しかし母親は子の要求をくみとって世話をする。それは真心があるからである。真心は慈悲を生む。慈悲は知識を生む。真心さえあれば、不可能なものではない。役人は、民には母のように接しなければならない。民をいつくしむ心さえ汝にあるならなば、才能の不足を心配する必要はない。』(『代表的日本人』内村鑑三)

上杉鷹山が出した指図。

いつくしみが様々な改革を遂げた根幹か。

 

今日の一言アーカイブ版

今日の一言アーカイブ版
 
「今日の一言」初回から。時間のある時にどうぞ。言葉との良き出会いを。
 

ご意見をお寄せください!

ご意見をお寄せください!
 
<<榎本 義法>> 〒370-2343 群馬県富岡市七日市947 TEL:0274-63-4923 FAX:0274-63-4923